コープこうべの危機管理について

概要:

  1. コープこうべの理念と活動
    「愛と協同」を理念とする。幅広い供給と暮らしに直結した活動を行う。
  2. 震災時の活動
    本来業務の遂行に努めた。
    1. 事業活動
      販売活動の展開。 商品見直し活動。
    2. 組合員活動
      ボランティア活動。買い物袋持参運動
    3. 地域・行政との連携
      「緊急物資協定」の発動。緊急輸送の連携。風呂など施設開放。
    4. 運営
      全国の他生協応援者9,300名。震災への国民的保障制度を求める署名運動。マニュアル見直し。
  3. 広域災害に対する量販店の悩みの一端
    1. 量販店業界の動き
      店舗間競争激化と収益低下。パートの増加。経費削減の実施要。
    2. 情報関連
      コンピュータの多様化への対応。緊急時の技術者不足の懸念。
    3. 人的課題
      ボランティア活動と連携。危機管理意識の育成。勤務体系の多様化。質的向上必要。
    4. その他
      緊急時の交通手段。環境問題。関係先との連携方法。
  4. 事件事故について
    1. ご意見承り状況
      運営関係が50%。商品関連が40%。
    2. 事件・事故関連
      万引き。交通事故。店内事故。商品不良。嫌がらせ。食中毒。狂牛病など。経営問題。
    3. 危機管理対応状況
      マニュアルによる対応と、関連部署との連携対応。対策本部設置。
    4. 意識すべきことがら 《被害の抑止と軽減》
      職員意識の向上。管理システム、連携システム。情報収集、広報対応。