講師:新潟大学 危機管理室/災害復興科学センター(兼務)教授 田村 圭子 先生

 

テーマ:「大雨災害からの避難を考える〜平成21年豪雨災害を事例として〜」



【講師の専門】

危機管理、災害福祉

【講師の略歴】

 平成16年3月 京都大学大学院情報学研究科博士後期課程 単位取得、平成16年4月 京都大学 防災研究所 研究員、平成17年3月 博士(情報学)(京都大学)取得、平成18年4月 新潟大学災害復興科学センター・特任准教授、平成21年4月 新潟大学 危機管理室/災害復興科学センター(兼務)教授

【主な社会的活動(平成21年度)】

国:内閣府「大雨災害における避難のあり方検討会」委員、消防庁「消防活動の知識・技術伝承に関する調査検討会」委員

自治体:新潟県「新潟県中越沖地震復興基金」アドバイザー、奈良県「安全・安心まちづくり推進有識者懇談会」委員、小千谷市「総合計画審議会」委員長、柏崎市「被災者生活再建支援アドバイザー」

【著書】

「組織の危機管理入門―リスクにどう立ち向えばいいのか (京大人気講義シリーズ)」林春男、牧紀男、田村圭子、井ノ口宗成著、丸善、2007.3、メモリアル・コンファレンス・イン神戸(編著), 「12歳からの被災者学−阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵」, NHK出版, 2005.1(分担執筆)