産・学・官による自然災害リスク低減に向けた一考察 −製造業の視点から−

概要:

  • はじめに.三菱重工神戸造船所と阪神・淡路大震災
  • 三菱重工業の場所等
  • 阪神・淡路大震災時の被害と復旧の様子を紹介
  1. 本発表のテーマ
    「今後の地震対策のあり方について(内閣府)」を参照しテーマを選定
  2. 企業の地域防災への参画
    1. 阪神・淡路大震災時にできたこと
    2. 台風災害への日頃から備えていること
    3. 地域防災への参画の一例として、防潮鉄扉の役割
    「産」が行える地域支援を「学」が集約・分析し、「官」が行政に反映することの提案
  3. 経済原理と災害リスク低減
    1. 公的制度と仕組み
      多目的仮設シェルターを例に公的制度の仕組みを紹介
    2. 民間資金の活用−PFIの導入−
      防災対策にPFIを導入すると「早期からの機能効果発揮」と「整備費用の削減」が可能
    「企業が参入できる仕組み作り」と「早期に防災整備が実現する仕組み」が必要との提案
  4. 産・学・官の連携による安全への取り組み
    1. 先端技術の研究紹介
    2. 本会議での産・学・官連携と進め方の提案